--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-05-11

取材レポ③ 【潜入!鬼ヶ島!!】 上陸編

そ の 後 ろ 姿 は 何 を 語 る の か … 

何かの後ろ姿

真面目な話になるのですが、今回私が旅行している高松港沖というのは昔から濃霧がよく発生することで知られており、それを原因とする痛ましい海難事故も起きていたようです。

今回の取材?旅行中にも、そういった関連の慰霊碑などを見かけることがありました。

犠牲者の方々のご冥福を心からお祈り致します。





ということで、「鬼ヶ島潜入取材レポ」第3弾でございます。

前回、決して短くも長くもない20分の船旅を満喫する私たち乗客の行く前に突然濃霧が発生。

この海域が濃霧発生地帯だったことを知るのはもう少し後のことになるのですが…。

さて…。

続きを読む

スポンサーサイト

theme : 漫画
genre : アニメ・コミック

2010-05-09

取材レポ② 【 潜入!鬼が島!! 】 フェリー出港編

その船は鬼の棲む島へ鬼が島行きフェリー
女木(めぎ)島---。
四国は高松の沖合約4km先に浮かぶ周囲8.9kmの島である。
高松港よりフェリーで約20分のこの島が”鬼ヶ島”として知られるのには理由があった。

1930年に”鬼の棲み家”ではないかとされる洞窟が発見されたからであるーーー。



続きを読む

theme : 漫画
genre : アニメ・コミック

2010-05-08

取材レポ① 【 潜入!鬼が島!!】 前説編

それは瀬戸内海の霧に浮かぶ小さな島だった…
鬼が島へ向かえ!!!
ということで、レポシリーズ?『潜入!鬼が島』を何度かに分けて記事にしてみたいと思います(笑。




昨年の春ごろ、所要で四国へ渡ることがありまして、ネットでホテルなどの手配をしていたところ、気になる島を発見しました。

それが、今回紹介する”鬼が島”。

そう、誰もが一度は聞いたことがあるんじゃないかな―と思われる、昔ばなしでおなじみ「桃太郎」に出てくる”鬼が島”です。

…もちろん、実際に桃から生まれたサムライがいたとか、本当に鬼がいて暴れていたとかそういうわけではおそらくなく(事実ならそれはそれで楽しいのですけど)、それらは何らかの比喩であったり、象徴であったわけで。

つまりは元ネタとなる事件や人物、場所など様々な要素があったわけですよね(^◇^)



『桃太郎』に出てくる”きび団子”。
岡山県のお土産でもおなじみかと思いますが、桃太郎は瀬戸内海周辺地域を発祥とするおとぎ話であったとされる説は有名かと思います。
吉備ですしね♪(^◇^)

詳しくはネットで調べればすぐ出てくるので割愛させて頂きますが、作中の”鬼”が指すものとは、おそらく”海賊”であったのだろうと推測されます。

とすれば、”鬼が島”とは海賊の拠点、基地のある島、ということ。

ということもあり、たくさんの島々が浮かぶ瀬戸内海には複数の”鬼が島”候補地?が存在しています。

そして今回紹介する女木(めぎ)島はその有力候補のひとつ。
…とは言え、証明の仕様はないのかもしれませんが…(汗。

なぜ、この島が有力な”鬼が島”候補地とされるかは後ほどご紹介させて下さいね。


ところで私、純粋に島が大好きでして(笑。

しかもこんな伝説つきの島は大好物でして(笑。

これは行かねばなるまい!そして漫画のネタとかインスピレーションをGETせねば!!意気込み、デジカメ片手にフェリー乗り場へ向かったのでした(^◇^)/



つづく(できれば今日中に”フェリー編”をUP…)

theme : 漫画
genre : アニメ・コミック

プロフィール

あめふらしのあまやどり

Author:あめふらしのあまやどり
【管理人】
あめふらし

【ブログ開設日】
2009年11月24日

最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
あまり呟かれないツイート
リンク
当ブログは基本リンクフリーです! お気軽にどうぞ~♪ もちろん相互リンクも大歓迎!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。